写真・画像・デザイン編集『Photoshop』入門

1-3. Photoshopの起動、ファイルを開く

初めてPhotoshopを操作される方向けに、ここでは基本の起動方法とファイルの開き方を説明していきます。

    公開日:2019/04/17最終更新日:2019/04/17

    スポンサーリンク

    1.Photoshopを起動する

    Photoshopを起動してみましょう。操作説明はMacで行っています。

    Lanchpadから起動する

    ①Dockを表示する

    初期設定では、カーソルを画面下の端に移動させるとDockが表示されます。

    ②Lanchpadをクリックする

    ロケットのマークのLanchpadをクリックすると、いろんなアプリケーションのアイコンが並んだ画面に切り替わります。

    ③Photoshopアイコンをクリックする

    Lanchpadの中から青いPhotoshopのアイコンを探してクリックしましょう。するとPhotoshopが起動します。

    もしたくさんあって見つからない場合は、Lanchpad画面の上の方に検索フィールドがあるので、“Photoshop”と入力すれば絞り込めます。

    Photsohopの起動画面が表示されればOKです。起動するまで時間がかかることもありますので、焦らず待ちましょう。

    DockにPhotoshopを追加しておけば、次からはDockから直接起動できます。

    アプリケーションから起動する

    ①「移動」>「アプリケーション」をクリックする

    デスクトップの画面上部にあるメニューの、「移動」>「アプリケーション」をクリックします。

    ②Photoshopアプリケーションを探してクリックする

    アプリケーションフォルダが開くので、Photoshopフォルダを探してクリックします。

    Photoshopフォルダの中にある、Adobe Photoshop CCのアイコンをクリックするとPhotoshopが起動します。

    Photsohopの起動画面が表示されればOKです。起動するまで時間がかかることもありますので、焦らず待ちましょう。

    2.Photoshopでファイルを開く

    Photoshopでファイルを開く方法を解説します。

    新規作成ボタンから新しいファイルを開く

    Photoshopで新しいファイルを作成する方法を解説します。

    ①Photoshopを起動する

    まずはPhotoshopを起動します。

    ②「新規作成」ボタンをクリックする

    ホーム画面が表示されたら、左端にある「新規作成」ボタンをクリックします。

    ③サイズを選んでクリックする

    新規ドキュメントウインドウが表示されます。上部のタブにある「印刷」「Web」などをクリックすると目的に適したアートボードサイズを選択できます。希望のサイズを探してクリックすると、ファイルが開きます。

    ④特定のサイズを指定する

    特定のサイズでファイルを開きたい場合は、右側の入力フィールドに縦横の数値を入力して「作成」ボタンをクリックすると、空のファイルが開きます。

    同じような白い画面が表示されていれば、ファイルを開くことができています!

    次は、ファイルの閉じ方と終了方法を説明していきます。

    理解度チェック

    写真・画像・デザイン編集『Photoshop』入門

    1. Photoshopの概要とインストール

    2. 画像の基本操作

    3. ウインドウ・パネルの操作

    4. レイヤーの操作

    5. 選択範囲の操作

    6. オブジェクトの操作

    スポンサーリンク

    このレッスンの著者