UI/UXデザインツール『Sketch』入門

5-3. 回転・反転させる

オブジェクトを選択すると表示される位置・サイズ変更のパネルには付随して、回転(Rotate)と反転(Flip)のアイコンが表示されます。この操作はアートボードには適用されません。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • Webデザイン

公開日:2020/01/06最終更新日:2020/01/06

1.オブジェクトの回転(Rotate)

[shift] + [commad] + [R]

オブジェクトを回転(Rotate)させる操作です。この操作はアートボードには適用されません。入力した数値分、オブジェクトを回転して角度を変えます。ショートカットキーは[shift] + [commad] + [R]です。

図:回転操作の様子

2.オブジェクトの反転(Flip)

オブジェクトを水平もしくは垂直方向に反転します。Flip 有効時はアイコンの色が変化します。右クリックで開くメニューでも同様の操作ができ、Transform→Filip HOrizontak(水平反転) or Filip Vertical(垂直反転)ができます。

図:水平反転の操作の様子

理解度チェック

UI/UXデザインツール『Sketch』入門

1. Sketchの概要とインストール

2. Sketchの基本操作

3. レイヤーリストの操作

4. ツールバーの操作

5. インスペクタの操作

6. シンボル・オーバーライド・ライブラリーの使い方

7. プロトタイプの作り方

8. Sketchをチームで使う

9. 料理写真投稿アプリを作ってみよう

このレッスンの著者