UI/UXデザインツール『Sketch』入門

8-4.ブラウザでクラウドドキュメントを確認・シェアする

ブラウザでクラウドドキュメントを確認する方法を解説します。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング

公開日:2019/07/29最終更新日:2019/07/29

スポンサーリンク

1.ブラウザでクラウドドキュメントを確認する

Sketch Cloudにログインする

ブラウザでクラウドドキュメントの確認を行うには、Sketch Cloudにアクセスし、サインインをします。

起動画面から「Join Sketch Cloud」をクリックするか、ブラウザで直接https://sketch.cloud/にアクセスします。

ログインしていない場合は、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

Sketch Cloudにログインしたら、自分の所属しているチームを選択します。

確認したいファイルを選択すると、ファイルの中身をブラウザ上で確認することができます。

2.クラウドドキュメントをダウンロードする

チーム内のクラウドドキュメントは、ダウンロード権限が付与されているとダウンロードすることができます。

ファイルを開き、右下にある「Download Document」をクリックすると、ファイルをダウンロードすることが出来ます。

3.チームメンバーとコメントでやりとりする

チームメンバーとデザインレビューをしたり、仕様の確認をするには、Sketch Cloud内のコメント機能を活用しましょう。

コメントを入力する

コメントを行いたい画面を選択すると、右側にコメントのパネルが表示されます。

テキスト入力欄にコメントを入力し、送信ボタンをクリック(Command + Enter)で送信されます。

絵文字を入力する

Sketch Cloudのコメントには絵文字がいくつか用意されています。

数は少ないですが、気軽にコミュニケーションを取り合えるようになっています。

4.外部メンバーの招待と権限の設定

Sketch Cloudではチームに加わっていないメンバーをメールアドレスで招待することができます。また招待するメンバーにはそれぞれ使える機能を制限することができます。

外部メンバーを招待する

右上にある設定アイコンをクリックし、Settingsを選びます。

メールアドレスを追加してAddをクリックすると招待できます。また、Who can view this document?で「Anyone with the link and people you've invited」を選択すると、URLさえわかれば誰でも閲覧できるように設定することもできます。

招待する外部メンバーの機能制限

What can they do?のチェックのON/OFFを切り替えることで、外部メンバーの機能を制限することができます。

理解度チェック

UI/UXデザインツール『Sketch』入門

1. Sketchの概要とインストール

2. Sketchの基本操作

3. レイヤーリストの操作

4. ツールバーの操作

6. シンボル・オーバーライド・ライブラリーの使い方

7. プロトタイプの作り方

8. Sketchをチームで使う

9.料理写真投稿アプリを作ってみよう

スポンサーリンク

このレッスンの著者