UI/UXデザインツール『Sketch』入門

6-1. オブジェクトをコンポーネント化する

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング
  • Webデザイン

WebアプリやUIには、同じ要素が繰り返されるUIパーツがあり、そのような再利用できるUIのかたまりをコンポーネントといいます。Sketchではシンボルという機能を使うことによって、コンポーネントを作成することができます。今回はコンポーネントの中にある、色、画像、大きさ、テキストなど、様々な要素を変更できるシンボルの作成を行っていきます。

公開日:2019/08/09最終更新日:2019/08/09

このレッスンを受けるには、chot.design+へのアップグレードが必要です

アップグレードする

月額 ¥1,100(税込)

理解度チェック





UI/UXデザインツール『Sketch』入門

1. Sketchの概要とインストール

2. Sketchの基本操作

3. レイヤーリストの操作

4. ツールバーの操作

5. インスペクタの操作

6. シンボル・オーバーライド・ライブラリーの使い方

7. プロトタイプの作り方

8. Sketchをチームで使う

9. 料理写真投稿アプリを作ってみよう



このレッスンの著者