UI/UXデザインツール『Figma』入門

2-1. コメント機能を活用する

Figmaの人気を支える機能の一つが、コメントです。キャンバスに直接コメントをつけられる機能になります。アカウントさえあれば編集権限がなくても使えるので、デザイナーだけでなくディレクターやエンジニアなどプロジェクトに関わる全ての人が利用することができます。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング

公開日:2019/05/21最終更新日:2019/07/16

スポンサーリンク

1.コメントを追加する

ツールバーの一番左、吹き出しマークを押すとコメントモードになります。
ショートカットキーは「C」です。

キャンバス上の好きな場所をクリックすると、入力ボックスが出てくるのでコメントを書き込みましょう。「Post」を押すか、Command + Enterキーで投稿されます。

送信されたコメントは、右サイドバーにも一覧表示されます。
コメントマークの番号と紐づいていることを確認しましょう。

さらに、コメントはチームメンバーにメンションをつけて送ることもできます。
SNSと同じ感覚で、「@」を打ち込むとユーザーが表示されるので選択してください。
ただしメンションは通知を相手に送る機能であり、それ人以外にも公開はされているので気をつけましょう。

通知に関する設定は左サイドバーで変更できます。
「Receive email notifications」(Eメール通知を受け取る)にチェックを入れると、ファイル内の全てのコメントが送信された時にメール通知がきます。
チェックを外した状態だと、自分に通知のついたコメント送信時のみメールが送られます。

2.コメントに返信する

さらにコメントに返信することもできるので、チームでコミュニケーションをとる際に便利です。

コメントを開くと、「Reply」という入力エリアがありますので、ここから返信しましょう。
絵文字もたくさん用意されていますので、チャットアプリによくあるスタンプのような感覚で返信することができます。

3.コメントを編集する・削除する

入力したコメントは編集、削除できます。

コメントマークを選択し、ドットのアイコンをクリックするとアクションパネルが開きます。
「Edit」で入力内容の編集をして、「Done」ボタンで完了させます。
コメントの削除は「Delete Comment」ボタンを押してください。

一度入れたコメントはドラッグ&ドロップで場所を変更することもできます。

4.コメントを解決済みにする

いらなくなったコメントは削除だけでなく、「解決済み」にすることで非表示にできます。

コメントを開いて右上、チェックマークを押してみましょう。表示が消えました。

解決済みにしたコメントは、左サイドバー「Show resolved comments」(解決済みコメントを表示する)にチェックマークを入れることで再度確認することができます。

不要だけどやりとりを残しておきたい場合などに便利です。

ちなみに解決済みにしてしまったコメントも、再びコメントパネルを開きチェックアイコンをクリックすることで元に戻せますので、どんどん使っていきましょう。

理解度チェック

UI/UXデザインツール『Figma』入門

スポンサーリンク

このレッスンの著者