UI/UXデザインツール『Figma』入門

6-2. バージョン管理の使い方

バージョン管理とは、制作時に保存したバージョンを履歴として残しておくことです。履歴を残しておくことで、前に作ったバージョンのデザインを振り返ったり、前のバージョンの内容に戻すことができます。このレッスンではFigmaのバージョン管理機能について解説していきます。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング

公開日:2019/11/28最終更新日:2020/01/26

1.Figmaバージョン管理機能について

バージョン管理を使用すると、ファイルの以前のバージョンを表示し、任意のバージョンを復元または複製できます。 

Figmaでは30分間ファイルに変更がなかった場合、バージョンは自動的に保存されます。

※操作したあと30分間操作しない場合は、なにもしなかったバージョンが記録されます。また、複数人で行う場合は有料となります。

バージョンの表示

ファイルのバージョン管理を表示するにはFigma上部に位置するファイル名右にあるプルダウンメニューから「Show Version History」を選択します。

図1 バージョン管理

バージョンの履歴は、図2キャンバスの右側にあるプロパティパネルに表示されます 。ファイルがいつ編集されたか、誰が作成したかを確認できます(共同編集時)。

図2ツールバーの左上隅にある青い「Edit Current Version」ボタンを押すと、バージョン管理ビューを閉じてプロパティパネルに戻ることができます 。 

特定のバージョンを選択すると、そのデザインが表示され、誰が編集を行ったかを確認することができ、図3のように、メニューボタンをクリックして、バージョンの名前、復元、複製を行うこともできます。

図2 バージョン管理画面

 

図3 バージョン管理オプション

 

2.バージョンを任意で追加する

ショートカットキー:(Command+Option+S)

バージョン管理には、任意でバージョンを保存する方法があります。

保存するには、上記ショートカットキーを使うか、図4赤枠のプラスマークから追加することができます。

図4 バージョンの追加

プラスマークを押すと、履歴を追加できるウィンドウが出てきますので、バージョンのタイトルと説明を加えて保存することが可能です。

図5 バージョン追加ウィンドウ

3.無償版のバージョン管理は30日まで

無料プランでFigmaを利用している場合、バージョン管理は過去30日までしか表示されません。

それ以上の履歴を確認したい場合は有料プランに入りましょう。

バージョン管理からも「Upgrade now」のボタンが表示されます。

理解度チェック

UI/UXデザインツール『Figma』入門

1. Figmaの概要とインストール

2.Figmaの基本操作

3.ツールバーの操作

4. プロパティパネルの操作

5. プロトタイピング

6. 共有とバージョン管理

7. 料理写真投稿アプリを作ってみよう

このレッスンの著者