UI/UXデザインツール『Figma』入門

3-2. オブジェクトとキャンバスを操作する

Figmaの基本操作であるオブジェクト・キャンバスの移動と拡大・縮小とグループ化のやり方について解説をしていきます。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング

公開日:2019/08/14最終更新日:2019/09/24

スポンサーリンク

1.キャンバスの移動と拡大・縮小

キャンバスの移動

Spaceを押しながらドラッグをすることで、キャンバスを移動する事ができます。
また、トラックパッドの場合は、二本指で縦横にスクロールする事で、キャンバスを移動する事ができます。

キャンバスの拡大・縮小

図1のように、右上の%が書いてあるGUIからも拡大・縮小を行うことが出来ます。キーボードから数値を入力することで指定の大きさにすることも出来ます。

図1 拡大・縮小

トラックパッドの場合は、ピンチ・アウトを行うこととで、拡大・縮小を行うことが出来ます。

その他のキーボードショートカットは以下のとおりです。

  • 拡大: ^
  • 縮小: -
  • 選択部分の拡大:Space + Z + click
  • 選択部分の縮小:Space + Option + Z + click
  • 全体表示:Shift + 1
  • 100%表示:Shift + 0

キャンバスの移動・拡大・縮小はよく使う手順になります。キーボードとマウスの組み合わせをしっかりと手に馴染ませると、効率よくデザイン作業をすすめることができます。

2.オブジェクト/アートボードのサイズ変更と移動

オブジェクト/アートボードのサイズ変更

オブジェクトのサイズを変更するには、対象となる図形を選択し、上下左右にある白い四角をドラッグします。

このときOptionキーを押しながらドラッグすると中心を起点にサイズが拡大・縮小します。

図2 Option + ドラッグで、中心を起点に拡大・縮小する

Shiftキーを押しながらドラッグを行うと、比率を固定したまま拡大・縮小を行うことが出来ます。

図3 Shift + ドラッグで比率を固定したまま拡大・縮小

Option + Shiftキーを押しながらドラッグを行うと、図4のように中心を起点に比率を固定したまま拡大・縮小を行うことが出来ます。

図4 Option + Shift + ドラッグで中心を起点に比率を固定して拡大・縮小

サイズの変更はマウスを使わずにキーボードだけでも行なえます。

  • 1pxずつ拡大・縮小:Command + [↑↓→←]
  • 10pxずつ拡大・縮小:Command + Shift + [↑↓→←]

オブジェクト/アートボードの移動

オブジェクト/アートボードを選択した状態で、ドラッグを行うと位置を移動することが出来ます。

Shiftを押した状態でドラッグを行うと水平/垂直に限定した移動を行うことが出来ます。

またOptionを押した状態でドラッグを行うと複製移動が可能です。

Shift + Optionで水平/垂直に複製移動ができます。

3.オブジェクト/アートボードの複製

オブジェクト/アートボードの複製

オブジェクトやアートボードはCommand + Cでコピー、Command + Vで貼り付けることができます。

それ以外にもいくつかオプションがあります。

コピー元を消去しコピー&ペースト

Command + X / Command + V

図5 コピー元を消去し、ペースト

直前の操作を繰り返すコピー&ペースト

Command + C / Command + D

この操作を行うには、まず参照する操作が必要となるため、複製操作が必要となります。何もしていない場合は、同じ位置に複製されたオブジェクトが生成されます。

図6 直前の操作を繰り返すコピー&ペースト

4.オブジェクトのグループ化

複数のオブジェクトをグループ化すると、一つのオブジェクトとして扱うことができます。グループ化されたレイヤーは「グループレイヤー」へと変化します。グループ化されたオブジェクトは入れ子の状態となるため、階層構造を形成します。

グループ化を行うには、グループに含めたいレイヤーを複数選択し、Command + Gです。

グループを解除したい場合は、解除したいグループレイヤーを選択し、Command + Shift + Gです。

※グループ化すると以下のようにレイヤーのアイコンが変化します。

図7 グループ化

5.オブジェクトの回転

オブジェクトの回転を行うには、回転させたいオブジェクトを選択し、角にマウスを合わせると回転矢印が出てくるので、ドラッグを行うことで、回転を行うことが出来ます。

Shiftを押しながらドラッグするとで15度ずつの回転が可能となります。

図8 15度ずつ回転

6.オブジェクト/アートボードの消去

オブジェクト/アートボードの消去

作成したオブジェクト/アートボードの消去を行うには、消去したいオブジェクト/アートボードを選択し、Deleteキーで消去することが出来ます。

※アートボードを消去するとアートボード内のオブジェクトも一括消去されるので注意しましょう。

7.操作の取り消し/やり直し

直前の操作に戻りたい場合は、Command + Zで戻ることができます。

戻りすぎた場合にもう一度やり直したい場合は、Command + Shift + Zでやり直しを行うことが出来ます。

8.余白を計測する

余白(オブジェクトとオブジェクトの距離)を見たい場合は、オブジェクトを選択した状態で、Optionキーを押しながらアートボードもしくはオブジェクトにマウスオーバーすると、間に赤い線が表示され、pxで数値が表示されます。

図9 余白の確認

理解度チェック

UI/UXデザインツール『Figma』入門

スポンサーリンク

このレッスンの著者