UI/UXデザインツール『Figma』入門

4-4. ストローク(線)

ストローク(線)には、矢印や、破線など様々な設定が行えます。このレッスンでは、ストロークの様々な設定方法を解説していきます。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング

公開日:2019/08/21最終更新日:2019/08/21

スポンサーリンク

1.ストローク(線)の使い方

オブジェクトの枠線や線の設定を行うには、プロパティパネル右にある「Stroke」から設定を行うことが出来ます。

  1. 線の色を指定することが出来ます。(前のレッスンで解説したブレンドモードの設定も行えます)
  2. 先の太さの設定を行えます。
  3. 線の詳細設定を行うことが出来ます。(詳細は下記)
  4. 線をオブジェクトに対して内側、中心、外側どこに描画するかを指定することが出来ます。
図1 Strokeのプロパティパネル

2.Advanced Stroke(線)の詳細設定

線の詳細設定はプロパティパネル右の図2の赤枠から設定を行うことが出来ます。

図2 線の詳細設定

各項目について詳しく説明をしていきます

図3 線詳細設定のプロパティ

①4種類の線

Capから4種類の線を選択することができ、図3の以下の4種類があります。

図4 Cap種類

 

②破線の設定5

 

破線の設定を行うには②から破線の数値を入力することで破線を作ることが出来ます。

図5 Dashs

③枠線の角設定

シェイプやパスの角の形状を図6の3種類から選択することが可能です。

図6 Join

④角の設定 

Miter Angleは、文字などでツノが出る問題の調整を行うためツールです。

図7 Miter Angle

理解度チェック

UI/UXデザインツール『Figma』入門

スポンサーリンク

このレッスンの著者