UI/UXデザインツール『Adobe XD』入門

3-3. プロパティインスペクター(画面右パネル)の見方

Adobe XDのデザインモードでは、選択したオブジェクトの設定を確認・変更できるプロパティインスペクターが画面右に表示されます。この内容の一部は、選択したオブジェクトによって変化するのですが、どんな設定ができるのか、どう変化するのか詳しく説明します。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング

公開日:2019/06/24最終更新日:2019/06/27

スポンサーリンク

1.基本のプロパティ

次の要素は何も選択していない状態でも項目が表示されます。

  • 整列・分散
  • リピートグリッド
  • ブーリアングループ(合体・型抜き・交差・中マド)
  • サイズ(W/H)
  • 位置(X/Y軸)
  • レスポンシブサイズ変更
  • アピアランス

また、アピアランスは選択している要素によって、以下のように表示する項目が変わります。

アートボード以外のオブジェクト

  • 不透明度
  • 塗り ※「線」には表示されない
  • 境界線
  • シャドウ
  • ぼかし

多角形の場合は、「角丸の半径」と「辺の数」が追加。

長方形の場合は、「角丸の半径」が追加。多角形のものより詳細な設定が可能。

コンポーネント・リピートグリッドの場合は、不透明度、塗り、境界線の3つのみ。

2.特定の要素で表示されるプロパティ

角度、反転(水平・垂直)

アートボード、コンポーネント・リピートグリッド以外のオブジェクトを選択した時に表示されます。

スクロール

アートボード選択時に表示。プレビュー時のスクロール有無、またその高さを指定できます。

グリッド

アートボード選択時に表示。
レイアウトグリッド、方眼グリッドの設定・表示ができます。

テキスト

テキスト選択時に表示。次の項目を設定できます。

  • フォント
  • 文字のサイズ
  • 文字のウェイト
  • 文字の間隔
  • 行送り
  • 段落スペース
  • 揃え(左・中央・右)
  • ポイントテキスト・エリア内テキストの切り替え
  • 大文字・小文字
  • 上付き・下付き文字
  • 下線・打ち消し線

書き出しマーク

アートボード以外のオブジェクト選択時に表示。
一括書き出しの対象にするかどうか設定できます。配置した「画像」は自動的にチェックがOnになっています。

チェックがONになっていると、レイヤーパネルにもアイコンが表示されます。

理解度チェック

スポンサーリンク

このレッスンの著者