UI/UXデザインツール『Adobe XD』入門

3-12. 画像の配置とマスク機能

XDでの画像の配置の方法とマスク機能の使い方と編集について紹介します。 マスク機能の使い方と編集について紹介します。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング

公開日:2019/10/15最終更新日:2019/10/15

1.画像を配置する

XD対応している画像形式は以下の5つが対応しています。

  • JPG
  • TIFF
  • PNG
  • GIF
  • SVG

画像配置を行なうには、2つの方法があります。

1つ目は、Finderからドラッグ&ドロップする方法。(図1)

図1 画像配置1

2つ目は、サイトやブラウザから画像をドラッグ&ドロップです。(図2)

図2 画像配置2

 

2.マスク機能

レッスン3-11でマスク機能については解説しましたが、用意しておいたシェイプに画像配置を行うこともできます。(図4)

Finderもしくはブラウザからシェイプにドラッグ&ドロップすることで、画像がシェイプに合わせてサイズ調整されます。

図3 マスク

3.マスクの編集

先ほど配置した画像の表示される場所やサイズを変更するには、画像をダブルクリックすると、周囲に点が表示されます。

シェイプ内の画像を移動した場合は、画像をドラックし、画像の縮尺した場合は、画像の端をドラックすることで、縮尺することができます。(図4)

図4 マスク編集

理解度チェック

UI/UXデザインツール『Adobe XD』入門

1. Adobe XDの概要とインストール

2. Adobe XDの基本操作

3. Adobe XDで画面をデザインする

4. より効率よくデザインするための機能

5. Adobe XDでプロトタイプを作成する

6. Adobe XDでデザイン・プロトタイプを共有する

このレッスンの著者