コーディングなしのWebサイト作成『STUDIO』入門

2-2. ダッシュボード(Dashboard)の使い方

STUDIOで作ったプロジェクトの公開や、共同作業のメンバー追加、料金プランに関する設定を行うダッシュボードの使い方について解説します。

    公開日:2019/04/06最終更新日:2019/04/06

    スポンサーリンク

    1.ダッシュボード トップ

    プロジェクトに関する主要な情報がまとめられています。ここでは以下の設定を変更できます

    • プロジェクト名(管理用)
    • 公開設定
    • ライブプレビュー設定
    • プランのアップデート
    • サムネイル画像

    公開設定・ライブプレビュー設定は、デザイン編集画面からも変更可能です。

    2.メンバー

    現在閲覧しているプロジェクトに参加しているメンバーが一覧で表示されます。

    3.ページ

    プロジェクトをWebサイトとして公開する時に必要な、内部タグの設定を管理します。この設定は検索サイト(Googleなど)の表示や、SNS(FacebookやTwitter)でのシェアをする際などに出力される情報です。

    Title サイトのタイトル
    Description サイトの説明文
    Favicon ファビコン
    Social Cover OGP画像

    例えば、上の画像の設定で公開し、TwitterでURLをツイートするとこのように表示されます。

    4.フォーム

    デザイン編集にて作成したフォームの返信先メールアドレスを設定できます。また、公開したフォームからの送信内容がこのページから確認できます。

    ユーザーから送られてきたフォーム送信内容を、STUDIOの管理画面に表示したくない場合は、画面下部の「STUDIOのデータベースに保存させない方はこちら」から設定が可能です。

    5.Apps

    有料プランでは、無料版で公開したサイトの左下に表示されるSTUDIOロゴを非公開にでき、その設定はこの画面で行えます。

    また、以下の外部サービスと連携することができます。

    • GoogleAnalytics
    • GoogleTagManager
    • GoogleSearchConsole
    • INTERCOM
    • Facebook Pixcel

    6.プラン・お支払

    現在契約中のプラン、支払いに利用しているメールアドレス、過去の請求内容などをまとめて確認できます。

    理解度チェック

    スポンサーリンク

    このレッスンの著者