イラスト・ロゴ・名刺・ポスター制作『Illustrator入門』

5-3. 回転ツール

回転ツールを使用すると、オブジェクトを回転させたり、回転させたオブジェクトをコピーすることが出来ます。 このレッスンでは回転ツールの使い方を解説していきます。

  • イラスト
  • ロゴ
  • アイコン

公開日:2019/11/30最終更新日:2019/11/30

1.回転ツール

回転ツールを使用するには、イラストレーターツールバーから図1赤枠の回転ツールをクリックをします。(図1)

図1 回転ツール

2.オブジェクトを回転させる

オブジェクトの回転を行うには、オブジェクトを選択した状態で「回転ツール」をクリックし、イラストレーター画面上でドラッグを行なうと回転させることが出来ます。(図2)

図2 オブジェクトの回転

また、Shiftキーを押しながらドラッグすると、45度ずつ回転させることができます。

3.回転角度を指定して複製する

回転角度を指定して複製を行なうには、オブジェクトを選択した状態で「回転ツール」を「ダブルクリック」します。

ダイアログが表示されるので、そこから角度を入力し調整します。(図3)

図3 回転角度

次に、ダイアログ左下にある「コピー」を選択することで、オブジェクトを回転させ、複製を行なうことが出来ます。(図4)

※わかりやすいように、色を変更してあります。実際には色は変更されませんん。

図4 回転角度2

4.回転軸の位置を変更する

デフォルトでは、回転軸はオブジェクトの中心に位置しますが、回転軸を変更することも可能です。

回転軸の位置を変更するには、オブジェクトを選択した状態で、「回転ツール」を「クリック」します。

Optionキー」を押しながら回転軸を移動させたい場所を「クリック」することで、回転軸を移動させることが出来ます。(図5)

図5 回転軸の変更

上記の操作を応用し、「回転ツール」→「回転軸の移動」→「45度に設定し、コピー」→「Command+D」を行なうと図6のように花などを作ることが出来ます。

図6 応用

理解度チェック

イラスト・ロゴ・名刺・ポスター制作『Illustrator入門』

1. Illustratorの概要とインストール

2. ツールパネルの基本操作

3. ウインドウ・パネルの操作

4. 描画ツール

5. オブジェクトの編集と配置

6. 文字ツール

7. 地図を作ってみよう

8. 各種ツールの紹介

このレッスンの著者