イラスト・ロゴ・名刺・ポスター制作『Illustrator入門』

6-1. 文字入力

イラストレーターの文字入力の基本操作についてこのレッスンでは解説します。

  • イラスト
  • ロゴ
  • アイコン

公開日:2019/11/30最終更新日:2019/11/30

1.文字ツールの基本操作

ポイント文字入力(横)

イラストレーターで文字の入力を行なうには、文字ツールを使用します。

文字ツールは、イラストレーターツールバー図1赤枠のアイコンをクリックします。

図1 文字入力

文字ツール選択後、マウスカーソルが文字カーソルに変化します。

イラストレーター画面上で、クリックすると文字入力が可能になります。

改行をしたい場合は、「Enterキー」を押してください。入力を終わりたい場合は、選択ツールに切り替えると入力した文字が確定します。(図2)

図2 文字入力

文字(縦)ツール

縦に入力をしたい場合は、文字(縦)ツールを選択します。

入力方法は、横と同様です。(図3)

図3 文字(縦)ツール

2.エリア内文字

先程のポイント文字入力とは違い、エリア内文字は、長文などの長い文章を入力するのに適しています。

図4のように、画面上でドラッグし四角形のフレームを描き文字を入力を行います。(図4)

※四角形の行末にテキストがきたら自動的に改行が行われます。

図4 エリア内文字

3.ポイント文字とエリア内文字の切り替え

ポイント文字からエリア内文字の切り替え

入力したポイント文字をエリア内文字の切り替えを行なうには、イラストレーター上部メニューから「書式」→「エリア内文字に切り替え」で切り替えることができます。(図5)

図5 ポイント文字からエリア内文字の切り替え

エリア内文字からポイント文字の切り替え

上記と同様に、イラストレーター上部メニューから「書式」→「ポイント文字に切り替え」で切り替えることができます。(図6)

図6 エリア内文字からポイント文字の切り替え

理解度チェック

イラスト・ロゴ・名刺・ポスター制作『Illustrator入門』

1. Illustratorの概要とインストール

2. ツールパネルの基本操作

3. ウインドウ・パネルの操作

4. 描画ツール

5. オブジェクトの編集と配置

6. 文字ツール

7. 地図を作ってみよう

8. 各種ツールの紹介

このレッスンの著者