イラスト・ロゴ・名刺・ポスター制作『Illustrator入門』

5-6. 自由変形とリシェイプツール

自在にオブジェクトを変形させる自由変形ツールと一部分をバランスを保ったまま変更出来るリシェイプツールを解説します。

  • イラスト
  • ロゴ
  • アイコン

公開日:2019/11/30最終更新日:2019/11/30

1.自由変形ツール

自由変形ツールを使用することで、オブジェクトを自在に変形させることが出来ます。

自由変形ツールを使用するには、対象となるオブジェクト選択した状態で、図1赤枠のアイコンをクリックします。

※見た目はバウンディングボックスと一緒です。

図1 自由変形ツール

自由変形

自由変形パネル上から2番目にある自由変形をクリックします。

アンカーポイントポイントからドラッグを行なうと、オブジェクトの拡縮が行なえ、辺中央にあるパスのドラッグを行なうことでシアー加工を行なうことが出来ます。(図2)

図2 自由変形

遠近変形

遠近変形を行なうことで、台形状にオブジェクトを変形させることが出来ます。(図3)

図3 遠近変形

パスの自由変形

コーナー部分を変形させたい場合は、オブジェクトのアンカーポイントをドラッグすることで、図4にのように変形させることが出来ます。(図4)

図4 パスの自由変形

2.リシェイプツール

リシェイプツールを使用することで、オブジェクトの一部分をバランスよく変形させることが出来ます。

リシェイプツールは対象オブジェクトの変更箇所を「ダイレクト選択ツール」で選択した状態で、図5赤枠のアイコンをクリックすることで使用します。

図5 リシェイプツール

アンカーポイントを選択した状態で「リシェイプツール」を使用すると図6のようになります。

ドラッグを行なうアンカーポイントほど大きく変形し、遠いアンカーポイントを小さい変化になります。(図6)

図5 リシェイプツール

理解度チェック

イラスト・ロゴ・名刺・ポスター制作『Illustrator入門』

1. Illustratorの概要とインストール

2. ツールパネルの基本操作

3. ウインドウ・パネルの操作

4. 描画ツール

5. オブジェクトの編集と配置

6. 文字ツール

7. 地図を作ってみよう

8. 各種ツールの紹介

このレッスンの著者