はじめてのデザイン 〜デザインの基本・考え方〜

2-1. デザインの4つの基本原則を意識する

4つのデザイン原則とは、紙やWebなどの媒体を問わず、伝えたい情報をわかりやすく伝えるために必要なデザインの原則です。

  • デザインの考え方

公開日:2019/08/03最終更新日:2019/08/03

スポンサーリンク

1.デザインの4つの基本原則とは

デザインの4つの基本原則とは、「ノンデザイナーズ・デザインブック」という書籍で紹介されており、多くのデザイナーが知っている原則になっています。

すべての良いデザインに含まれる4つの原則

4つのデザイン原則とは、紙やWebなどの媒体を問わず、伝えたい情報をわかりやすく伝えるために必要なデザインの原則です。コントラスト・近接・反復・整列の4つから成り、私たちが日常生活の中で触れるデザインには必ず兼ね備わっているものです。

デザイナーでない人でも簡単に実践できる

4つの基本原則を紹介している書籍の名前「ノンデザイナーズ・デザインブック」にもある通り、この基本原則は意識することですぐに実践できるものとなっています。ぜひ、日常の資料作成などで実践してみてください。

2.デザインの4つの基本原則を知る

4つの原則についてはこれから1つずつ詳しく説明していきますが、その前に簡単に紹介しておきます。

コントラスト

コントラストとは、要素に区別を付けることです。
ページ/画面上の要素にメリハリがつき、視覚的に面白さをつくり出すことにも役立ちます。

近接

近接とは、関連する項目を物理的にまとめてグループ化することです。
関連する項目を近づけることで、それらが関連することを視覚的に表現することができます。

反復

反復とは、デザイン上の特徴を作品全体を通して繰り返すことです。
フォント、色、配置などの特徴を、作品全体で繰り返し使うことで、視覚的な一貫性が生まれます。

整列

整列とは、ページ上のすべての要素を意識的に整えて配列することです。
そうすることで要素が互いに関連し、一体性を持つようになります。

理解度チェック

スポンサーリンク

このレッスンの著者