はじめてのデザイン 〜デザインの基本・考え方〜

5-3. 写真から傷や汚れを取り除く

このレッスンでは写真内にある傷や汚れを取り除き方を例を用いて紹介します。

  • 写真加工
  • デザインの考え方

公開日:2020/04/27最終更新日:2020/04/28

1.傷や汚れを取り除く役割

写真は被写体の状態や環境によって、傷や汚れなどがそのまま写真に写ってしまう場合があります。それらをPhotoshop等の画像編集ソフトウェアを利用して修正することができます。これにより、見た人に注目してもらいやすく、また美しく魅力的な写真にすることができます。

2.傷や汚れを取り除く例

では、傷や汚れを取り除いた写真の例を紹介します。

肌を整える

湿疹等の肌荒れを整えることができます。湿疹のない肌周りの色を利用して肌荒れを消すことができます。

使用した写真

写真内の文字や絵を消す

写真内にある文字を周りの色を利用して消すことができます。文字や絵が不要な場合、また別の文字や絵を挿入したい時に活用できます。

使用した写真


使用した写真

汚れやホコリを消す

被写体に付着した汚れやホコリを周りの色を利用して消すことができます。

使用した写真

写っているものを消す

被写体の邪魔になるものを周りの色を利用して消すことができます。被写体に注目してほしい時に余計なものを消すことで、見た人の視線を被写体に向けることができます。

使用した写真

3.傷や汚れを取り除く方法

具体的な方法については、chot.designのPhotoshop入門に一部紹介していますので、是非実践してみてください。
7-4. Photoshopで写真のレタッチをする

4.まとめ

写真内の傷や汚れを取り除く方法を例をもとに紹介しました。実践的な使い方に関しては「3.傷や汚れを取り除く方法」で紹介しているchot.designのPhotoshop入門などで勉強し、実際に加工してみてください。

理解度チェック

はじめてのデザイン 〜デザインの基本・考え方〜

1. デザインを考える前に

2. デザインの4つの基本原則

3. 色と配色の基本

4. タイポグラフィ

5. 写真や画像を効果的に使う

6. イラストレーションを効果的に使う

7. デザインしてみよう

このレッスンの著者