はじめての『WordPress』入門

1-6. Local by Flywheel を使った開発環境の構築

Local by Flywheel(ローカルバイホイール) は、WordPress のローカル開発環境を簡単に作ることができるソフトウェアです。1-3 で解説した MAMP よりも簡単に、1 クリックで WordPress をインストールすることができます。

  • WordPress

公開日:2020/03/27最終更新日:2020/03/27

1.Local by Flywheel と MAMP の違い

MAMP はもともと Apache・MySQL・PHP をローカル環境で動かすためのソフトウェアです。ですので WordPress 以外にも PHP で何かを作りたいときに、汎用的に使えるものです。

Local by Flywheel は WordPress に特化したソフトウェアですので、WordPress 以外の方法でサイト構築をすることはできません。

2.Local by Flywheel をインストールする

Local by Flywheel(以下から Local と記述します)は以下のサイトからダウンロードできます。

https://localwp.com/

ダウンロードボタンをクリックします。

名前やメールアドレスを入力すると、ダウンロードがはじまります。

(Mac の場合)ダウンロードされた dmg ファイルをダブルクリックします。

Local を Applications フォルダにドラッグします。

3.Local by Flywheel を起動する

Applications フォルダから Local を探して、ダブルクリックで起動します。

初回起動時は利用規約の同意が求められますので、同意して次に進みます。

機能の説明画面が表示されます。閉じて先に進みましょう。

サイトを作成する準備ができました。

4.Local by Flywheel でサイトを作成する

「CREATE A NEW SITE」ボタンをクリックして、サイトを作成します。

サイト名を入力して「CONTINUE」をクリックします。

WordPress のバージョンの指定などがなければ、このまま「CONTINUE」をクリックします。

ユーザー名・パスワード・メールアドレスを入力します。

※ユーザー名はあとから変更ができません

サイトが作成されます。

以下の画面が表示されたら、作成が完了です。

「VIEW SITE」ボタンをクリックすると、作成したサイトが確認できます。

理解度チェック

このレッスンの著者