はじめての『WordPress』入門

3-6. 固定ページのテンプレート

固定ページのテンプレートは基本的に single.php とほとんど変わりません。

  • WordPress

公開日:2020/03/16最終更新日:2020/03/16

1.ページごとにテンプレートを分ける

固定ページのテンプレートは、ページ別に別々のものを用意することが多くあります。その際はパーマリンクに合わせてテンプレートにファイル名を付けると、それぞれのページに合ったテンプレートを適用することができます。

その際は以下のようなファイル名を付けます。

  • page-パーマリンク名.php

例えば会社概要ページとアクセスのページで、別のテンプレートを用意する必要があったとします。会社概要ページにはパーマリンクを「about」で、アクセスのページはパーマリンクを「access」に設定します。

それぞれのテンプレートファイルは以下のようなファイル名になります。

  • page-about.phppage-access.php

2.ループ

メインのテンプレートや個別記事のテンプレートと同じです。

<?php if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); ?>

  // ここに表示内容を記述する

<?php endwhile; else : ?>

  <p>まだ記事がありません</p>

<?php endif; ?>

the_title() - タイトルを表示する

メインのテンプレートや個別記事のテンプレートで使われたものと同じで、タイトルを表示する関数です。

the_content() - 本文を表示する

こちらのメインのテンプレートや個別記事のテンプレートと同じ、本文を表示する関数です。

理解度チェック

このレッスンの著者