AdobeXDプラグインまとめ

大文字・小文字を一括で変更できるXDプラグイン「Change Case」

テキスト(英単語)の大文字・小文字を、まとめて簡単に変更できます。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング
  • Webデザイン

公開日:2020/03/27最終更新日:2020/03/27

1.Change Case(大文字/小文字の変更)とは?

選択中のテキストの大文字・小文字を変更できます。それぞれ次の機能です。

  • lowcase: 全て小文字
  • UPPERCASE: 全て大文字
  • Title Case: 単語の先頭だけ大文字
  • Sentense case: 文章の先頭だけ大文字

尚、日本語(漢字、かな/カナ)には効きませんが、全角の英数字には有効です。

2.Change Case(大文字/小文字の変更)のインストール方法

このリンクをクリックしてXDを開くか、プラグインの検索画面から探してインストールします。

3.Change Case(大文字/小文字の変更)の使い方

テキストを選択し、プラグインパネル「Change Case」を開いてそれぞれの設定をクリックすればすぐ反映されます。
以下、設定事例です。

lowcase: 全て小文字

半角・全角の英数字が全て小文字になります。

UPPERCASE: 全て大文字

半角・全角の英数字が全て大文字になります。

Title Case: 単語の先頭だけ大文字

半角スペースの前の単語は、全て先頭だけ大文字になります。
ただし、半角区切りのない日本語の文章では、先頭の文字のみが大文字になります。

Sentense case: 文章の先頭だけ大文字

ピリオドで締め括られるまでの1文の先頭のみ大文字になります。
ただし、ピリオドの存在しない日本語の文章では実行されません。

理解度チェック

AdobeXDプラグインまとめ

便利なAdobe XDのプラグインまとめ その1

便利なAdobe XDのプラグインまとめ その2

このレッスンの著者