AdobeXDプラグインまとめ

アプリアイコン用の画像を一括で書き出せるXDプラグイン『App Icon Generator』

iOSアプリ、macOSアプリなどのアイコンとして必要な様々なサイズの画像を一度に書き出すことができます。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング
  • Webデザイン

公開日:2020/03/16最終更新日:2020/03/16

1.App Icon Generatorとは

選択したオブジェクトを、アプリのアイコンに必要な複数サイズ画像を一括で書き出すことができます。現時点で以下のプラットフォーム向けアプリに対応しています。

  • iOS
  • macOS
  • watchOS
  • Android
  • UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)
  • XDプラグイン

2.App Icon Generatorのインストール方法

このリンクをクリックしてXDを開くか、プラグインの検索画面から探してインストールします。

3.App Icon Generatorの使い方

アプリアイコンとして書き出したいオブジェクトまたは画像を用意した状態で、プラグインパネルで「App Icon Generator」を開きます。

書き出しに必要な設定をします。

  • Export Folder: 3点リーダーをクリックして、書き出し先のフォルダを選択
  • Project Name: 書き出した画像を格納するフォルダ名を入力
  • File Name: 画像ファイル名の先頭部分を変更可
  • Maintain Transparency: 透過したい場合はチェックを入れる
  • Platform: 必要な分だけチェックを入れる

次の画像は入力した状態です。

この状態でExportすると、書き出し先に新しいフォルダが追加され、その中に画像が書き出されたのを確認できます。

理解度チェック

AdobeXDプラグインまとめ

便利なAdobe XDのプラグインまとめ その1

便利なAdobe XDのプラグインまとめ その2

このレッスンの著者