はじめてのWebデザイン『HTML・CSS』入門

1-3. Google Chromeをインストールしよう

開発に使うブラウザ『Google Chrome』をインストールします。インストール後、開発のデバッグに利用するChrome Developer Tools を簡単に説明します。

  • HTML・CSS
  • Webデザイン

公開日:2019/04/22最終更新日:2019/07/16

スポンサーリンク

1.開発におすすめのブラウザ「Google Chrome」とは?

開発を進めていくために確認用のブラウザをインストールしましょう。WindowsやMacにデフォルトで入っているEdgeやSafariでも確認はできますが、本カリキュラムではGoogle Chromeを使って解説を行っていきます。

Google Chrome(グーグル・クローム) とはGoogle社が開発しているWebブラウザです。Google Chrome はGoogle Web Developer Tools(サイト解析ツール)や開発者向けの拡張機能が充実しているので、これらを活用するとより効率的に作業を行うことができます。

開発にはChromeを使っていきますが、Webサイトはブラウザごとに少しずつ見え方に差異があるため、完成させる際にはChrome以外の複数のブラウザでの確認が必要になります。

2.Google Chromeをインストールする

Google Chrome をインストールする場合はブラウザからGoogle Chromeのサイト(https://www.google.co.jp/chrome/ )へアクセスし、「Chromeをダウンロード」ボタンをクリックしましょう。

Google Chrome のウェブサイト

ダウンロード後、ファイルをクリックしてインストールしましょう。

3.デベロッパーツールの使い方

インストール後、ブラウザを起動してWebサイトを表示してみましょう。 その後Chromeのメニューの「表示」の「開発/管理」>「デベロッパーツール」から、Web Developer Tool を開いてみましょう。 キーボードショートカットはCtrl+Shift+I キー(Windows)または Cmd+Opt+I キー(Mac)で開けます。

Google Chrome デペロッパーツールメニュー

開くとメニューが現れます。

Chromeデベロッパーツール

メニューの中に「Elements」というメニューがあります。このElementsの機能で表示してるWebサイトのHTMLやCSSを確認することができます。

Elements」の中に現在表示されているページのHTMLが表示されています。ここでブラウザで表示されているHTMLはどのように記述されているのかを確認することができます。

ChromeデベロッパーツールHTMLの表示

矢印で選択すると「Styles」タブの中に選択されているHTMLを装飾しているCSSを表示します。HTMLにどのようなCSSが適用されているかを確認することができます。

Chorome デベロッパーツールCSSの確認方法

開発中にうまくHTMLやCSSが動かないときは、このデベロッパーツールを使って確認していきましょう。

理解度チェック

はじめてのWebデザイン『HTML・CSS』入門

1. HTMLとCSSを学ぶ準備

2. HTMLの基礎知識

3. CSSの基礎知識

スポンサーリンク

このレッスンの著者