Sketchプラグインまとめ

SVGファイルを書き出す際に自動的に圧縮してくれるSketchプラグイン『SVGO Compressor』

SketchでSVG形式の画像を書き出す際、自動的に圧縮してくれるSketchプラグインです。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング

公開日:2019/04/28最終更新日:2019/04/28

スポンサーリンク

1.『SVGO Compressor』とは?

SVGO CompressorはSketchの提供元であるBohemian Codingが開発したプラグインで、インストールするだけでSVG書き出しの際に圧縮をかけてくれるプラグインです。

2.SVGO Compressorのインストール方法

https://github.com/BohemianCoding/svgo-compressor

こちらのGitHubからダウンロードして、インストールすることができます。

3.SVGO Compressorの使い方

プラグインのインストールができたら、あとは書き出し時に自動的に圧縮をしてくれます。

右パネルのEXPORTで出力ファイルを追加、SVGを選択し、Export Selectedをクリックします。

※ドラッグ・アンド・ドロップで書き出すとプラグインが実行されません。

上記のファイルは9KB→7KBに圧縮できました。

細かい設定変更はPlugins>SVGO Compressor>About SVGO CompressorからEdit SVGO SettingsからJSONファイルを編集することで行なえます。細かい設定項目はGitHubのページから確認しましょう。

理解度チェック

スポンサーリンク

このレッスンの著者