Figmaプラグインまとめ

使用しているインスタンスを検索してくれるプラグイン「Instance Finder」

ファイルで使用しているComponent(コンポーネント)の全てのInstance(インスタンス)を検索してくれるFigmaのプラグインです。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • Webデザイン

公開日:2020/04/22最終更新日:2020/04/22

1.「Instance Finder」とは?

これまでは、InstanceからMaster Componentを検索することは可能でしたが、Componentから逆引きすることはできませんでした。

「Instance Finder」は、Figmaのファイルで使用しているComponentの全てのInstanceを検索してくれるプラグインです。

2.「Instance Finder」のインストール方法

Figmaのコミュニティで「Instance Finder」を検索します。

インストールボタンクリックで完了です。

3.「Instance Finder」の使い方

FIgmaで「Pluguin」から「Instance Finder」を選択します。

ポップアップが表示れます。

このポップアップ内に表示さているのが今回使用されているInstanceになります。

複雑なデータになると、どの画面にどのinstanceが使用されているのか把握しずらくなります。

instance整理の際にはとても重宝するプラグインになりますので、是非活用してみてください。

理解度チェック

このレッスンの著者