UI/UXデザインツール『InVision Cloud』入門

2-5. 複雑なリンク設定(ページ内スクロール・前に戻る・外部サイト・自動リンク・オーバーレイ)

前のレッスンに引き続きリンクの設定について解説をしていきます。InVision Cloudには、より本番のプロダクトに近い状況を再現するために、複雑なリンク設定ができるようになっています。ページ内でのスクロールや、ブラウザバック(前に戻る)ボタンを押したときの挙動、外部サイトへのリンク、時間経過とともにページが遷移する自動リンク、画面をオーバーレイして表示するなど。これらを使いこなせばプログラムを組まなくてもより複雑な画面遷移を再現することができます。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング

公開日:2019/04/07最終更新日:2019/04/07

スポンサーリンク

1.ページ内リンクを設定する

ホットスポットからは縦長のページに用いられるページ内リンクを設定することもできます。

Link Toのプルダウンから「Another point on this screen」を選択し、Set anchor positionをクリックします。

スクロールしたい位置をクリックして、Saveをクリックします。

Smooth scrolling transitionにチェックをつけるとスムーズスクロールするようになります。

2.「前に戻る」「閉じる」ボタンを設定する

Link Toのプルダウンから「Link Back / Close」を選択すると「前に戻る」や「閉じる」動作をつけることができます。

3.外部のサイトへリンクする

Link Toのプルダウンから「External URL」を選択すると外部のサイトへのリンクをつけることができます。

外部サイトを開くときに新しいタブで開きたいときは「Open in new window」にチェックをつけましょう。

4.時間経過による自動リンクを設定する

例えば「起動画面→3秒後にタイムラインが表示される」のようなシーンを再現することができます。

画面上部にある時計のアイコンをクリックすると、自動ページ遷移の設定ができます。遷移先とトランジションは通常と同じように設定します。Afterという項目のところに何ミリ秒後に遷移するかを入力します。

設定するとこのような動作になります。

5.画面のオーバーレイを再現する

ホットスポットを作成した際に、Link toの項目を「Screen as Overlay」にすることで、画面が切り替わるのではなく、元の画面の上に追加の画面を被せて表示することができます。

Screen as Overlayの際に設定するのは、遷移先・表示するポジション・トランジション・BG(素の画面の濃さ)です。

他にも以下の様なチェック項目があります。

  • Reverse transition on Close link…新しい画面で閉じるリンクをクリックすると、元の画面で設定したTransitionが反転して実行されます
  • Close on clicking outside of overlay…オーバーレイで表示した画面の外側をクリックすると元の画面に戻ります
  • Fix position of overlay…オーバーレイの画面を固定表示します

6.InVision Cloudで出来ないアニメーション

ここまでInVision Cloudで出来るページ遷移・トランジションを解説してきました。ここでおさえておかなければならないのが、InVision Cloudで出来るのは「ページ遷移のみ」ということです。ページとページが切り替わる際にページ自体にエフェクトをつけることはできますが、ページ内のオブジェクト自体に変化をもたらすことはできません。

例えばKeynoteにはマジックムーブという機能があり、ページが切り替わる際のオブジェクトの移動アニメーションを再現することができます。このような機能はInVision Cloudにはありませんが、InVision StudioやAdobe XDに標準で備わっています(Sketchでもプラグインを使えば実現できます)。

理解度チェック

スポンサーリンク

このレッスンの著者