UI/UXデザインツール『InVision Cloud』入門

2-10. ヒストリーモードで過去のバージョンを確認する

InVision Cloudは過去にアップしたデザインをバージョン管理(変更履歴を残すこと)してくれます。フィードバックを受けてデザインの変更が行われた際に、前のものと見比べることが可能です。

  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • プロトタイピング

公開日:2019/04/07最終更新日:2019/04/07

スポンサーリンク

1.ヒストリーモードの使い方

プレビュー画面の下にあるメニューの中から「HISTORY MODE」を選択するとヒストリーモードへ切り替えることができます。

左側にあるパネルは各バージョンへのリンクです。これを過去の日時にすると、前のバージョンを確認することができます。

2.ヒストリーモードに表示される項目

ヒストリーモードではデザインの他にいくつかの付加情報が表示されています。

  • デザインを作成したメンバー
  • そのデザインが何時間有効だったか

右側のパネルに表示されています。

3.ヒストリーモードを全画面表示にする

ヒストリーモードは、左右のパネルを非表示にして全画面表示にすることができます。

左上の全画面表示切り替えボタンをクリックします。

全画面表示では上部の緑色の部分でバージョンを切り替えることができます。

理解度チェック

スポンサーリンク

このレッスンの著者