UIデザインはオンライン講座で学ぼう!初心者にもおすすめ 独学をお考えの方へ勉強法をご紹介


UIデザインをオンライン講座で学びたいという方はいらっしゃいますか?
オンライン講座を活用すれば、独学でも短期間でスキルを習得することができます。

こちらでは初心者の方向けに、UIデザインとはなにか、UIデザインの勉強法をご紹介します。

初心者必見!UIデザインとは

そもそもUIとは、「User Interface(ユーザーインターフェイス)」の頭文字を取ったものです。Interfaceには「接点・接触面」という意味があり、ユーザーと製品やサービスの接触面を指します。つまり、人とモノをつなぐ窓口のようなものです。

UIデザインとは、ユーザーと機器の関係性をデザインすることを指します。主な目的は、ユーザーにとって機器をわかりやすく・使いやすくすること、ユーザーによい印象を与えることです。後者はデザイン全般に言えるため、UIデザイン独自の視点は前者ということになります。

UIデザインという概念が生まれる前から、人類はUIデザインを行っていました。例えば、石器時代の石斧は、人間の手で持ちやすいサイズ・重さに調整、持ち手部分には手で持ったときに滑りにくいように木材が使用されるといったイメージです。

また、道具がアナログでシンプルな時代では、基本的に石斧と同じように、人間の解剖学的特性に合わせた設計をすることがUIデザインでした。

ただ単に機能を実現するための設計では、ユーザーが使いこなせません。ユーザーがやりたいことを確実にできるように、わかりやすさを意図的に設計するのがUIデザインです。

UIデザインの勉強方法 独学ならオンライン講座がおすすめ

UIデザインの勉強方法として、まず「デザイン」に関する基礎を身につける必要があります。

デザインには、「近接・整列・コントラスト・反復」という4つの基本原則があります。この基本原則を理解してから、それを形にするためのデザインスキルを身につけます。Photoshop・Illustratorなどの基本的なデザインツールをはじめ、Adobe XD・SketchなどのUIデザインツールを使いこなせることを目標に勉強しましょう。

もっと効果的にUIデザインを学びたいのであれば、以下のようなやり方がおすすめです。

・初心者・未経験者はオンライン講座や通学制スクールで学ぶ
・専門書を多読して専門知識のインプット量を増やす
・アウトプットとして世の中のUIを研究する

初心者の方や未経験の方がUIデザインを学習するのであれば、やはりオンライン講座や通学制スクールで学習するのがおすすめです。オンライン講座を活用すれば、独学であっても効率よく短期間でスキルを習得することができます。

オンライン講座で学習し、最低限の知識体系を理解できたら、次は専門書などでインプットしていきます。専門書によるインプットは、考える観点を与えてくれることもあるため、少しずつ取り入れていきましょう。

オンライン講座で基礎知識を得てインプットした後は、ノートへのアウトプットで世の中のUIを研究します。例えば、好きなアプリやWebサイトをノートに写し、なぜこのような構成になっているのかという理由を書き出します。その後、ビジネスとしてどのようなUIデザインなのかを仮設していきます。

上記のアウトプットを続けることで、パターン認識ができるようになります。

初心者・未経験者でUIデザインについて学ぶならchot.designへ

UIデザインを勉強する際、まずは概念について理解してから実際の技術を学ばなければ、本当の理解にはつながりません。そのため、初心者の方はオンライン講座などで基礎知識を得てからインプット・アウトプットしたほうが効率的です。

chot.designでは、UIデザインに関するカリキュラムをご用意しています。UI/UXデザインの定番ツール「Adobe XD」「Sketch」「Figma」の使い方も学ぶことができますので、独学でUIデザインに関するスキルを習得したいという方はお気軽にご登録ください。



すべてのカリキュラムが読み放題

chot.design+はこちら




その他のデザイン学習ガイド