プロジェクト管理ツール『Wrike』入門

1-2. Wrikeの始め方

今回はWrikeのアカウント取得や専用アプリのダウンロード方法など、Wrikeの始め方をご紹介します。

  • プロジェクト管理

公開日:2019/04/22最終更新日:2019/04/22

スポンサーリンク

1.アカウントを取得する

Webサイトにアクセスする

まずは以下、WrikeのWebサイトにアクセスします。

https://www.wrike.com/ja/

メールアドレスを入力する

トップページのキャッチコピーの下に「業務用Eメールを入力」というフォームがあります。こちらにメールアドレスを入力して、「今すぐ始める」をクリックします。

メール許諾を確認する

メールが届くので「あなたのEメールであることをご確認ください」をクリックします。

アカウントの初期設定をする

アカウント設定情報の入力フォームに遷移して、各項目を入力します。

名前は半角英数で、氏名欄に半角スペースを入れるようにしてください。スペースを入れないとエラーが出て先に進めません。(社内メンバーにアカウント作成を依頼したら60%くらいがここで離脱していました)

トライアルプランを選択する

トライアルプランプラン選択画面が表示されます。

無料プランの選択肢はなく、有料プランの無料トライアルを選択します。
当然、登録後に無料プランにグレードダウンも可能です。
今回は、有料プランで真ん中にあたるBusinessプランを選択してみます。

※プランの詳細説明は別途行います。
※筆者の会社ではBusinessプランを利用しています。

アカウントの取得が完了

これで無事アカウント取得完了です。基本構成や画面の見方については、次のレッスンでご紹介します。


 

2.デスクトップアプリをインストールする

WrikeはWebブラウザ上でも操作可能ですが、自動更新のスピード等がデスクトップ版アプリと比較すると劣る部分もあるので、デスクトップ版アプリの使用をおすすめします。

デスクトップ版アプリはWindowsMac、モバイル版のアプリはiOSAndroidがあります。PCだとWindows版、モバイルでもAndroid版が用意されているのは非常に魅力的です。

ログイン後、右上のアカウント名をクリックするとメニューが表示。「アプリ&統合」を選択します。

各種Wrikeアプリと、連携可能なアプリケーション一覧が表示されるので「Wrike for WIndows & Mac」を選択してダウンロードします。 ※連携アプリケーションは別途ご紹介します。

理解度チェック

スポンサーリンク

このレッスンの著者